還暦祝いのプレゼントや贈り物に赤い陶器茶碗ぐい呑み

赤色と窯変が織りなす艶やかな抹茶茶碗
当「還暦祝いのプレゼントや贈り物に赤い陶器茶碗ぐい呑み」では、

鮮やかな赤色を器に表現した抹茶茶碗やぐい呑み作品を中心に

ご紹介しています。


赤は喜びの色、お祝いの色。

還暦祝いの贈り物や、ご長寿のお祝いに喜ばれています。


鮮やかな赤色と、緑・橙(だいだい)・黄・青などの

多彩な色変化が織りなす、

艶やかな抹茶茶わんが出来ました。


還暦祝いの抹茶茶碗(作品7-正面)

※この抹茶茶碗作品は売り切れました





抹茶茶碗の大きさは、

口径:12.4cm

高さ:7.5cm



還暦祝いの抹茶茶碗(作品7-胴肌)



赤色の釉薬(ゆうやく)を使いますが、

焼成技法の工夫で、赤い釉薬が、

緑や橙(だいだい)、黄色、青色などに変化して、

艶やかな色変化の景色が楽しめる雅な抹茶茶碗です。


還暦祝いの抹茶茶碗(作品7-見込)




陶芸作品の中では、

赤色の発色はとりわけ稀少として扱われます。

その理由は、

鮮やかな赤を出す釉薬(ゆうやく)の顔料の沸点にあります。




陶芸技法としても、釉薬を使い、

鮮やかな赤色が現れた伝統的な陶芸作品は、

その多くが楽焼(らくやき)です。


楽焼は、750度から800度程度で焼成するため、

鮮やかな赤の顔料を昇華させずに器に写すことができますが、


1,200度という高温で焼成する陶器では、

鮮やかな赤の顔料が沸点を超え、蒸発してしまうため、

鮮やかな赤色を器の肌に写すことは難しいと言われています。





当サイト、


還暦祝いのプレゼントや贈り物に赤い陶器茶碗ぐい呑み」にて

紹介しております鮮やかな赤色の抹茶茶碗やぐい呑みは、



1,200度を超える高温で焼成しながらも、

鮮やかな赤色を発色させることができていますが、


それは独自に開発した釉薬と、

独特の焼成技法に秘密があります。




一種類の釉薬でありながら、

焼き方によって一つの色が様々に変化する、

そんな”陶芸の不思議”をお楽しみください。





もっと他の作品も見る!


緋色の器 通販ショップはこちら♪







還暦祝いの赤い陶器茶碗作品紹介カテゴリーへ

還暦祝いのプレゼントや贈り物には赤い陶器茶碗のトップへ

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

還暦祝いの赤い陶器茶碗作品紹介 | コメント(0)
<<燃える炎を写し取ったような赤いぐい呑み | ホーム | 夕焼けのように赤い還暦祝いのぐい呑み>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

還暦祝いのプレゼントや贈り物に赤い陶器茶碗ぐい呑み


還暦祝いのプレゼントや贈り物には、世界に一つしかない心のこもったお祝いの品。赤い陶器茶碗とぐいのみ。

作家のサイトへ

お祝いの赤い茶碗・ぐい呑み

金田充夫の赤い抹茶茶碗・ぐい呑みサイトへ

還暦祝いの目次

還暦祝いの記事一覧

還暦祝いの関連リンク

このブログをリンクに追加する

還暦祝いの新着コメント

特定商取引法に基づく表示

還暦祝いのRSSフィード

トラックワード