還暦祝いのプレゼントや贈り物に赤い陶器茶碗ぐい呑み

本焼き-還暦祝いの赤い陶器茶碗ぐい呑み作り
釉薬(ゆうやく)をかけ、釉薬がしっかり乾いたところで、

窯入れし、いよいよ本焼き工程になります。


この窯焚きの成否が、作品の優劣を決めるといっても

いいほどです。



還暦祝いの赤い陶器茶碗とぐいのみ作りでは、この本焼きの

窯焚きに細心の注意を払っています。



窯の中の炎の色がオレンジ色では約800度。

炎がさらに高温になり1,200度を越えると

炎は白く輝いてきます。


その炎の色合いを見極めて焼成を行い、

鮮やかな赤色の発色を成功させています。


炎の色を見て、窯止めするタイミングは、およそ1分。

この1分を見逃すと、作品は駄目になってしまいます。



高温で焼成する、陶器では難しいとされる

緋色という鮮やかな赤色の発色には、

釉薬の調合、窯の工夫、窯止めのタイミングが、

合致して成し得る、珍しい陶芸作品なのです。


還暦祝いの陶器茶碗作り(本焼き窯出し-緋色) 






また、この還暦祝いの赤い陶器茶碗ぐい呑みは、

窯焚き時の、酸化と還元の炎を巧みに使い分けることで、

緋色を黄色、橙、緑、黒、白などの他の色へ変化させ、


絵付けなどすることなく、一種類の釉薬でありながら、

多彩な景色を器にからめ取る、不思議なやきものです。


還暦祝いの陶器茶碗作り(本焼き窯出し-窯変)








還暦祝いの赤い陶器の作陶は、

粘土選び、粘土つくりから、作品の本焼き焼成まで、

分業することなく、作家が1人で行っています。


粘土練りロクロ成形素焼き施釉、本焼き、窯出しを経て


1作品1作品、手間をかけ、やっとできあがります。







還暦祝いのプレゼントや贈り物に赤い陶器茶碗ぐい呑みのトップへ

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

還暦祝いの赤い陶器茶碗の作り方 | コメント(0)
施釉(釉薬をかけること)-還暦祝いの赤い陶器茶碗ぐい呑み作り
素焼きが終わったら、いよいよ釉薬がけを行います。


釉薬とは、陶器にかける上薬のこと。

陶器の素地を、釉薬のガラス質でコーティングすることで、

水漏れを防いだり、陶器の素地の強度を高めたりします。


そして何より、釉薬は、その発色により、いろいろな

”景色”を器に写し取ります。


陶器の見所を豊かにしてくれる重要な工程です。


還暦祝いの陶器茶碗作り(内側釉薬がけ)






還暦祝いに合う鮮やかな赤い茶碗ぐい呑みを作るために、

独自に調合した、赤の顔料を含んだ釉薬を使います。



普通、楽焼などに用いられる赤の顔料は、

窯の温度が750から800度という低い温度では

赤色を発色しますが、


楽焼よりも強度の高い陶器を作る

1,200度という高温では、

赤の顔料が沸点を超え、蒸発してしまうため、

陶器で鮮やかな赤色を発色することは

とても難しいとされています。



緋色の器としての、鮮やかな赤色の陶器茶碗ぐい呑みは、


独自の釉薬の調合により成功させた

新しい陶芸技術です。


還暦祝いの陶器茶碗作り(外側釉薬がけ)








還暦祝いの陶器茶碗ぐい呑みの作陶は、

粘土選び、粘土つくりから、作品の本焼き焼成まで、

分業することなく、作家が1人で行っています。


粘土練りロクロ成形素焼き、施釉、本焼き、窯出しを経て


1作品1作品、手間をかけ、やっとできあがります。







還暦祝いのプレゼントや贈り物に赤い陶器茶碗ぐい呑みのトップへ

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

還暦祝いの赤い陶器茶碗の作り方 | コメント(0)
素焼き-還暦祝いの赤い陶器茶碗ぐい呑み作り
茶碗の成形が仕上がったら、

作品をしっかりと乾燥させます。



乾燥時間は季節によって違いますが、

3日から一週間くらいかけて、しっかり乾燥させます。



乾燥が不十分だと、

焼成する時に、作品にヒビが入ったり、割れたりします。




乾燥させたあとは、ガス窯で素焼きを行います。


素焼きは、崩れやすい粘土を固め、

釉薬が乗りやすくするためです。


還暦祝いの陶器茶碗作り(素焼きの茶碗)








還暦祝いの陶器茶碗ぐい呑みの作陶は、

粘土選び、粘土つくりから、作品の本焼き焼成まで、

分業することなく、作家が1人で行っています。


粘土練りロクロ成形、素焼き、施釉本焼き、窯出しを経て


1作品1作品、手間をかけ、やっとできあがります。







還暦祝いのプレゼントや贈り物に赤い陶器茶碗ぐい呑みのトップへ

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

還暦祝いの赤い陶器茶碗の作り方 | コメント(0)
ロクロで成形-還暦祝いの赤い陶器茶碗ぐい呑み作り
しっかり練りこんだ粘土から、陶器茶碗を形づくるには、

ロクロを使っています。

このロクロとも、もう30年来の付き合い。



粘土はしっかり練り込むことで、手になじみ、

脇を締めて、手をきっちり決め、ぶれないようにします。

そうすれば、粘土は手についてくるのです。


還暦祝いの陶器茶碗作り(ロクロ成形の様子)




還暦祝いの陶器茶碗作り(ロクロ成形の様子)







成形した茶碗は、糸でロクロから切り離し、

適度に乾いたところで、裏側の高台(こうだい)を削り、

成形を仕上げます。


還暦祝いの陶器茶碗作り(高台削りの様子) 








還暦祝いの陶器茶碗ぐい呑みの作陶は、

粘土選び、粘土つくりから、作品の本焼き焼成まで、

分業することなく、作家が1人で行っています。


粘土練り、ロクロ成形、素焼き施釉本焼き、窯出しを経て


1作品1作品、手間をかけ、やっとできあがります。







還暦祝いのプレゼントや贈り物に赤い陶器茶碗ぐい呑みのトップへ

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

還暦祝いの赤い陶器茶碗の作り方 | コメント(0)
粘土練り(つちねり)-還暦祝いの赤い陶器茶碗ぐい呑み作り
粘土練り(つちねり)では、

しっかりと丁寧に空気を抜いていきます。


これは、陶器茶碗ぐい呑みを焼成するときに、

粘土の中の空気がはぜて、

陶器茶碗ぐい呑みが割れないようにするためです。


還暦祝いの陶器茶碗作り(粘土練りの様子)







還暦祝いの赤い陶器茶碗ぐい呑みの特徴は、

なんと言っても緋色(ひいろ)という

鮮やかな赤色の発色。



この緋色が映えるよう、

作品に合う粘土選び、粘土つくりをしています。






還暦祝いの陶器茶碗ぐい呑みの作陶は、

粘土選び、粘土つくりから、作品の本焼き焼成まで、

分業することなく、作家が1人で行っています。


粘土練り、ロクロ成形素焼き施釉本焼き、窯出しを経て


1作品1作品、手間をかけ、やっとできあがります。







還暦祝いのプレゼントや贈り物に赤い陶器茶碗ぐい呑みのトップへ

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

還暦祝いの赤い陶器茶碗の作り方 | コメント(0)
還暦祝いのプレゼントや贈り物に赤い陶器茶碗ぐい呑み


還暦祝いのプレゼントや贈り物には、世界に一つしかない心のこもったお祝いの品。赤い陶器茶碗とぐいのみ。

作家のサイトへ

お祝いの赤い茶碗・ぐい呑み

金田充夫の赤い抹茶茶碗・ぐい呑みサイトへ

還暦祝いの目次

還暦祝いの記事一覧

還暦祝いの関連リンク

このブログをリンクに追加する

還暦祝いの新着コメント

特定商取引法に基づく表示

還暦祝いのRSSフィード

トラックワード